最新記事
特集記事

ZENO WATCH W10/0552 DIVER


個人的にも一押しなブランド、ゼノウォッチ

スイスブランドとは言いながらも正直な所、ブランドのスタンスとしては謎な部分も多い。

現在では国内のディーラーもしっかりしており、日本語のHPもある

少し前は、検索してもUSサイトが良く上がってきていた

以前のディーラーの卸先が、時計店よりは雑貨扱いなお店が多く

1990年代から2000年代初頭に掛けては、ビレッジヴァンガードの様な雑貨店舗で

その取り扱いが多く見られた。

しかしながら、プロダクト的にはこの頃の方が素朴かつ円熟されており

無骨な民間用ミリタリーウォッチが販売されていた。

今回、ピックアップする個体は正しくその頃のゼノウォッチ

ダイバーズウォッチによく見られるアラビアとバーインデックスのコンビネーション

ダイアルにはブラックで目立たない様、「ZENO W.W.W」と記載されている

トップ画像のCWCとケースの形状とほぼ同じとは思えるが、

ベゼルやダイアルのデザイン、そもそもカレンダーが異なる

裏蓋には、「W10/0552」と記載がある

本来であれば、W10はロイヤルアーミー(イギリス陸軍)の管理番号である

そして、「0552」こそがロイヤルネイビー(イギリス海軍)とNATO海軍の管理コードとなる

単純に考えると陸海軍両用型のモデルになってしまう。

まぁ、この企画の緩さがこの当時のゼノウォッチの良さで味である

そして、CWCのプロトタイプと言われるモデルにデイデイト仕様が存在しており

このゼノウォッチ「W10/0552」は、これをフューチャーしたのであろうか?

ベゼルは、刻みのデザインが違えどもベークライトの様なプラスチックの埋め込みであり

12時位置がアラビアと言うデザインも、改め見直すとゼノ独特で良い

頑強なリューズガードを備えたリューズはねじ込み式で防水性もキープしていただろう。

オリジナルは、オリーブカラーのNATOストラップである「W10/0552」

ミゾラーウォッチマンではボンドタイプのストラップをお付けして提供させていただく

なかなか良い個体なのだが、本体のみと純正ストラップではないので

安価でのご案内

販売価格は、8,100円 SOLD OUT

皆さま、宜しくどうぞ

#ゼノウォッチ #ZENOWATCH #W10 #0552

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square