最新記事
特集記事

Re-issue PULSAR RAF GEN2 CIVIL Ver.


冒頭の写真は、分かる人にしか分からない貴重なショット

一見すると違いすらも?と言った感じ。

この2ショットは、まずお目に掛かる事ができないでしょう。

これも、たまたま偶然で取れた一枚

オリジナルと再発が一緒に並んだ比較ができる貴重な2ショット

今回、紹介する個体は当店で輸入した並行品です。

なぜ、わざわざ輸入したかと言うと限定の復刻モデルだったから。

冒頭の写真の左がオリジナルで、今回入荷の個体が復刻です

タイトルにもありますが、CIVIL Ver.なので民間用であり納入品ではありません

そして、年代的にも2000年代の中古なのに市場では35000円ぐらいします

そもそも、SEIKOのRAF GEN2(7T27)の後にPULSARのRAFが納品され

それと同じ顔のCIVIL Ver.まで納入品レベルにまで高騰してしまった始末

(まぁ、責任の一端は僕がとあるサイトで書いた記事にもあるのだが)

そんな折、見つけたのがこの復刻モデル

単なる復刻なら、と言った感じなのだけど

(それでも、パルサーは国内販売がに無いので並行輸入に頼りざるを得ない)

これ、実はイギリスの時計ショップの別注品なのだ。

いやぁ、渋いところ突いてくるなぁ〜

nonnativeのRAF復刻とは、また一味違った復刻。

この地味なチョイスとセンスが、相当堪らない

ダイアルメモリの谷がなくなってしまっているが、かなり良い出来のダイアル

リューズガードがオリジナルとは違うけど、ちゃんと丸のプッシャーだ

この裏蓋の波のロゴに萌えてしまうのは、僕だけだろうか?_

オリジナルより、ケース径が大きくなってしまっているのはお気づきだろうか?

実は、ルビコンが別注した際にパルサーが既に39mmのケースを持っていなかったらしく

この大きさになったと言うエピソードを見かけた

搭載ムーブメントは、VD57で

オリジナルのV657の代変えムーブメントで、ほぼ同じもの

それなので、ケース径が大きくなった分インダイアルの位置に若干の違いが認められるのだ。

ルビコン、よほどこのモデルが好きなのか

オリジナルレーベルでも、カーキバージョンを40mmケースで出している(ムーブメントは同じ)

ただ、プッシャーがドロップアイな為にミリタリー感が台無しなのである

ルビコンが、そちらのケースをオリジナルレーベルで販売して

こちらを復刻として出したのは、やはりプッシャーの形状が理由なのでは?と勝手に考えている

おおよそ42mmまでスケールアップしたケース径だけど

僕のこの細い腕でも、そこまで違和感を感じないのは何故?

全体的にシャープな印象だろうか

RAFシリーズ、どれも高騰してコンディションが真面な個体もかなり少ないですね

オリジナル拘るのは、勿論良いとは思うけど

入手が出来るうちに復刻を寝かせておくのも手と思います

5月上旬にローンチ予定です。

ゆうパック送料無料にてお届けさせて頂きます

予約や、商談はお断りさせて頂きます

お問い合わせは、LINEにて

ミゾラーウォッチマン オーナー

#PULSAR #RAF #RAFGEN2 #CIVILVer #reissue #V657 #VD57

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square