最新記事
特集記事

NOS ELGIN A-554 (40s ARMY ORD DEPT. Replicant Watch)


そもそもの話、 A-554と言うオリジナルモデルは存在しない。

時は遡る事、1990年

私ごとで申し訳ないけど、僕は大学を休学してミリタリーショップで働いていた事があって

このエルジンを実売していた。

当時は資料も少なく知識も浅く、ただ単に復刻モデルと言う事で接客していた。

記憶が正しければ、当時PX(モノマガジン)から納品されていたと思う。

もし違っていたら、中田商店かもしれない

この当時のエルジンは、日本が興した「ジャパンエルジンコーポレーション」と言う会社で

完全に日本で作られたレプリカウォッチだった。

その後、福本電機と言う会社に商標が移り現在の様なエルジンになった

それでも当時、僕たちはこの時計にワクワクを抱いた。

では何故、A-554と言うモデル名になってしまったのだろうか?

顔的には、40s ORD DEPT. を意識しているのは間違いない

裏蓋のスペックは、64-27834-Bで、スクリューバックの形状も違ってくる

94-27834-Bと言うスペックは、そもそもA-11に割り振られてもの。

僕の憶測は、同社が同時期に販売していたA-11の兼ね合いから

ORD DEPT.のムーブメンとの型番を、そのまま型番に流用したのかと思う。

まぁ、この時代のゆるさかなぁと思えば、くすっとなる

やはり、と言うか当然ながらオリジナルストラップは劣化してしまっているので

現在、当時の色違いのモデルに付いていたモノに近いナイロンストラップを手配中です

アウトレット品だったのか、少しリューズがよがんでおります。

使用には差し支えなかったので、バッテリー交換と内部チェックを終え

オリジナルを尊重する為に、リューズはそのままにしております。

ケース径は、オリジナルに忠実な32mm

なので、女性でも着けれるサイズなのだけれども

最近は、この辺りのスモールサイズを好む男性も多いよね

ちょっと、玄人っぽい的な。

ムーブメントは盛岡セイコーのV249Aが搭載されております

現在、ムーブメントを探すのは非常に困難なので

水入り、時期帯は十分にご注意頂きたいです

同時期と思しきL.L.Beanと比較

この頃の時計は楽しかった

もちろん、僕が時計に入りたてだったからかもしれない。

初老が、昔を懐かしんでいるだけかな?

ストラップ到着次第(5月下旬?)ローンチ予定です。

【5/31 追記:雰囲気の良いストラップ、見つけました】

ゆうパック送料無料にてお届けさせて頂きます

予約や、商談はお断りさせて頂きます

お問い合わせは、LINEにて

ミゾラーウォッチマン オーナー

#ELGIN #エルジン #ジャパンエルジンコーポレーション #A554 #A11 #554 #40s #50s #vintage #militarywatch

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square